DMC

DMC|土木工事や建設工事での新しいコンクリート、練りコンクリートでコスト削減、工事のスピードUP

HOME»  他社比較

4.競合する事業者、事業分野等との比較・相違点

4.1.競合する事業者・事業分野

(1)競合する事業者(現場練りコンクリートおよび生コンクリートの供給者)

比 較 項 目
工 法 概 要

本事業

関東近郊地区
製造メーカー 

大手セメント
メーカー系  

全国(4,000工場)
生コンクリート工場

現場練りコンクリート材料製造

既調合モルタル 一貫製造

生コンクリートに準拠した配合で袋詰め

自社開発の既調合一貫製造

工場製造を現場まで搬入

組 織 規 模

連携2社

事業協同組合

上場企業

小規模零細指定企業

総 投 資 額

6,800万円

5,500万円

30,000万円

20,000万円

現場練り
供給価格

130,000円/m3

110,000円/m3

252,000円/m3

18,000円/m3
(配達料込)

現場供給に
必要な設備

開発中の移動式ミキサ
 (品質管理機能付与)
販売価格1,000万円

自社製車載プラント
技術審査取得、NETIS登録済
販売価格1,000万円

超速硬性コンクリート製造車あり、高速道路の補修用
12,000万円/車両費

配送にはアジテーター車を使用
1,400万円/10t車

供給体制

月産200t

月産300t

不明

月産14,000m3以上

競合する事業者

 

(2)競合する事業分野(現場練りが行なえるコンクリート材料)

比較項目

本事業

関東近郊地区
 製造メーカー

セメントメーカー系
A社

セメントメーカー系
B社

製造方法

既調合モルタル
一貫製造

混合ブレンド

既調合モルタル
一貫製造

既調合モルタル
一貫製造

材料の販売価格

50円/kg

40円/kg

200円/kg

200円/kg

材料の性質

プレミックスモルタルと砕石のセット

生コン配合

超速硬性コンクリート製品用セメント(高速道路の補修用)

超速硬性コンクリート製品用セメント(高速道路の補修用)

競合する事業分野

 

4.2.相違点と優位性

競合する事業者との相違点ならびに優位性は次のとおりです。

製造・供給体制
現 場 環 境

本事業

関東近郊地区
製造メーカー 

大手セメント
メーカー系  

生コンクリート
工場製品

材料品質(砂・砕石)


絶乾状態


絶乾状態ではない


NEXCO社の承認


JIS規格

材料バリエーション
※顧客の要望に合わせた特殊な材料を小ロットで製造すること   


多品種小ロット


少品種量産

×
単品のみ


工場施設に依存

使用規模
※1日の
納入量

0.05m3未満

×

×

0.5m3~15m3

50m3以上

緊急性


移動式プラント
複数設置予定


移動式プラント1台のみ

×
車輌不足


運搬距離による

夜間作業


割増料発生
10~15万円/1回

狭小現場


小型プラント


既成プラント

×
10t車


2t~5t車

m3あたり単価
(現場練り作業を含む)


130,000円


110,000円

×
252,000円


18,000円

品質保証

○(取得予定)
技術審査証明
 


技術審査証明


セメントメーカーによる保証


JIS規格

記号説明 ◎:優 ○:可 △:制約ありまたは難あり ×:不可

 コンクリートの製造・供給体制と現場環境の適合性比較