DMC

DMC|土木工事や建設工事での新しいコンクリート、練りコンクリートでコスト削減、工事のスピードUP

HOME»  DMCとは

DMCとは

建設工事に用いられるコンクリートは、工場製造後にミキサー車で打設現場に搬入する生コンクリートが主流ですが、インフラ補修工事では、一度に使うコンクリートはわずかです。
また、夜間工事が多い都心のオフィスビル等の大型車の乗り入れが制約される現場での作業が増えており、現場で材料を練り混ぜる現場練りが多く用いられています。
しかしながら工場出荷時にJIS認証で品質が保証されている生コンに対し、現場練りには品質基準がなく、材料、配合、製造、管理を含めたトータルの品質保証を求める声は多くなってきました。

DMCとは、ドライミクストコンクリートの略語で

 
 

 ①水量さえ管理すれば工場製造品と同等のコンクリートとして使用できる材料の製造
②現場練りプラント設備の開発
③製造工程を一定の方法で表示する品質管理業務
④材料および工法をパッケージ化して全国に普及させるための工法協会等の構築、
   
を実現し新たな市場を開拓するものです。

DMC①とは

                   

現場練りコンクリート用材料の製造

水量さえ管理すれば生コンと同等のコンクリートとして使用できる現場練りコンクリート用の材料の内容は次のとおりです。
①水を加える前の製品作り(乾燥モルタル作り)
生コンの製造工場でおこなう各材料(セメント+骨材)の計量と練混ぜは、更に精度の高い品質管理の上で乾燥工場にて砂の乾燥、分級、調合(計量)、パッキングを行ないます。
②水を加える前の製品作り(乾燥砕石作り)
2種類の砕石を乾燥させ、調合(計量)、乾燥・フルイ等の工程後、パッキングして製品完成です。
 

DMC②とは

本事業で開発するプラントは日本製のパン型ミキサを使用し、プラント全体のフレーム枠を地下駐車場や鉄道線路内での使用を考慮して小型化を図り、また粉じん・防音対策を講じます。
また品質のエビデンスとなる材料計量や練混ぜ時間等の記録を残す機能を備えた仕様とします。
特許申請出願中

 

 

 

DMC③とは

わずかの数量に対応でき、昼夜を問わず製造が可能です。
また、普通コンクリートの他に
   

   ・速硬性コンクリート    ・・・交通事故などにより壊れた構造物補修。28日の強度を僅か3時間で発揮
   ・耐硫酸性コンクリート ・・・化学工場や製鉄所での硫酸ピットや酸洗処理設備、下水道管などに使用
   ・軽量コンクリート、耐熱性コンクリート、舗装モルタルなど、あらゆる用途に使用可能です。